ボールと本屋と映画館

ネタバレ 雑な3行あらすじと、浅はかな感想

「ワールドエンド🌍☆☆☆☆」

ロシア映画。ロシアの一部以外の各国都市が音信不通となり、偵察隊は行方不明になるが、、、

パリでコンコルドみたいのが、フッと電源が落ちたり、人型の敵は撃たれても平気だったり、ビッチがクラブで喧嘩になり、タクシー運転手に助けられたり、謎の敵は熊だったり、口なし芳一宇宙人が20万年前に人間を造り、コントロールして地球を乗っ取る計画でしたよ。ラストの装甲車で大群に突っ込んだりのアクションは素晴らしかったよ。

なんか、「アトラクション 侵略」もだけと、ロシア映画はリズムが合わないんたよなぁ。洋画邦画に慣れすぎたのかな。