アマプラとボールと映画館

ネタバレ 雑な3行あらすじと、浅くて薄いペラッペラな感想

「麦子さんと👩☆☆☆☆」

松田龍平、妹堀北真希のアパートに疎遠だった母が押し掛けて同居するが、すぐに死んでしまう。堀北真希が納骨に行くと母の過去が、、、

 

吉田恵輔監督らしい、痛痒い感じがよかったり、温水洋一さんが素晴らしかったり、面白い映画でしたよ。

「FALLフォール🪜☆☆☆☆」

ロッククライミングで彼氏が死んだ、傷心の彼女は親友に誘われて600mの電波塔に登ると、、、

 

電波塔の梯子のビスが外れて降りられなくなったり、地上を歩く人めがけて靴を落とすが無視されたり、照明弾を打ちワルが気付くが自分たちの車を盗まれたり、ドローンはトラックに跳ねられたり、彼氏と親友が浮気していたり、楽しめましたよ。

 

高所恐怖症な私は終始、お腹とお尻がゾワゾワする映画でしたよ。

映画館で見たかったなぁ、、、

「コカインベア🐻☆☆☆☆」

墜落した飛行機から大量のコカインが落ち、それを食べたクマが、、、

 

B級だが、クマ描写は綺麗で楽しめましたよ。小熊がコカインまみれでシロクマになっているのは笑いましたよ。

クマを悪者にしないで人間の欲が悪いに着地したのは素晴らしい。

「リカ〜自称28才の純愛モンスター〜❤️☆☆☆」

原作「リカ」の続編?

 

リカを追っていた刑事の遺体(目鼻口、両手、両足が無い)「ジョニーは戦場へ行った」状態で見つかり、後輩刑事が出会い系サイトでリカを誘い出すが、、、

 

メロメロ作戦でリカに手錠までかけるが逆襲にあい刑事死亡。刑事の彼女(刑事)がまたまた、誘い出し撃ちリカは意識不明で終了。

 

リカの手首がカラータイマーのように赤くなったり、足が異常に早かったり、倉庫の壁をスパイダーマンみたいに這ったり、モンスターでしたよ。

📕「WORLD WAR Z🧟☆☆☆☆」

小説。マックス・ブルックス

なんとあの映画監督メル・ブルックスの息子さん!?にビックリ

 

映画が大好きなので楽しみでした。

 

中国から世界へゾンビウイルスが拡散しパンデミックとなる、、、なんか聞いたことがある話?!、、、

 

インタビュー方式で、アメリカ、南米、ヨーロッパ、東アジアの、潜水艦、ヲタク、兵士、主婦、スパイなどの体験を語る。

 

日本人のヲタクの話は親近感が湧きましたよ。ゴッソリと海中にゾンビがいる描写はリアルで怖かったよ。

📕「リバース☕️☆☆☆☆」

小説。湊かなえ

コーヒー好きのサラリーマンの彼女に「そのサラリーマンは殺人鬼だ!」と手紙が届くと、、、

 

大学生の頃、仲間たちと別荘で楽しんでいると、遅れてきた友達を迎えに行こうとするが酒気帯びだったので、イヤイヤ行った男が事故って死んでしまったり、その彼女が、、、みたいな話で楽しめましたよ。

📕「十角館の殺人🚬☆☆☆☆」

小説。綾辻行人

 

ミステリ研究サークルの7人が孤島の十角館に来ると、、、

 

伝説のトリック!とのことで、そのネタバラシの一行にはびっくりしましたよ。

📕「雀蜂🐝☆☆☆☆」

小説。貴志祐介

 

小説家が別荘で目を覚ますとスズメバチが、、、過去に一度刺されているためアナフィラキシーショックで死ぬ可能性が、、、

 

スズメバチの気を引くため、テレビを付けると碁の試合中継で静かでハチが引き寄せられなかったり、風呂に浸かり空調にスズメバチがいるのを発見した時は真っ裸でハチと遭遇や、スキーウェア、スキー靴、ヘルメット、プチプチを纏い、スラッシュメタルに合わせて、バトミントンラケットを振りまくる姿に爆笑しましたよ。

 

オチは小説家になりすました、おかしい男の話でしたよ。

📕「ルビンの壺が割れた💻☆☆☆☆☆」

小説。宿野かほる

 

facebookで30年前の婚約者を見つけ、懐かしんでメル友になると、、、

 

ラストの一行でぶっ飛ばされました!爆笑しましたよ!

 

短いのでサラッと読めましたよ。

📕「リカ❤️☆☆☆☆」

小説。五十嵐貴久

 

妻と娘と幸せな生活をしていたオッサンが、出会い系サイトに手を出し、リカという粘着女に捕まってしまうと、、、

 

ジワジワと近づいてきてる感じが怖かったり、リカへ何を言っても、ポジティブな返答は「キングオブコメディ」のデニーロを思い出しましたよ。

なんとシリーズモノとは、、、

 

めちゃくちゃ足が速いとか、化け物っぽいと怖く無くなって、気持ちが悪い感じになりますね。

📕「爆弾💥☆☆☆☆」

小説。呉 勝弘。

 

酒屋の店主を殴った小太り坊主オッサンが、爆弾が爆発するかもと予言するとホントに爆発、負傷者が出ると、、、

 

クイズ形式でヒントを出して、爆弾を発見、処理できたり、過去、敏腕刑事のゴシップが出てきたり、いろいろと楽しめましたよ。

📕「粘膜人間🧑☆☆☆」

小説。飴村行。

 

鬼ガタイの小学生の弟にボコられた、長男次男が弟を殺そうと計画するが、、、

 

無茶苦茶な世界観で、軍人、河童が出てきたり、髑髏という拷問ドラッグ描写がグロ過ぎて読むのを止めようかと思いましたよ。

 

「栄光のマイヨジョーヌ🚲☆☆☆☆」

オーストラリアの自転車レースチームの立ち上げから、タイトルまで、、、

 

大怪我した若手をスカウトしたり、ベテランとのバランスを考えたり、転倒シーンで顔がわからないぐらい血が出ていたり、転倒後、怖くなったり、勝つとスーパースターになったり、自転車レースの映像が楽しめましたよ。