アマプラとボールと映画館

ネタバレ 雑な3行あらすじと、浅くて薄いペラッペラな感想

📕「雀蜂🐝☆☆☆☆」

小説。貴志祐介

 

小説家が別荘で目を覚ますとスズメバチが、、、過去に一度刺されているためアナフィラキシーショックで死ぬ可能性が、、、

 

スズメバチの気を引くため、テレビを付けると碁の試合中継で静かでハチが引き寄せられなかったり、風呂に浸かり空調にスズメバチがいるのを発見した時は真っ裸でハチと遭遇や、スキーウェア、スキー靴、ヘルメット、プチプチを纏い、スラッシュメタルに合わせて、バトミントンラケットを振りまくる姿に爆笑しましたよ。

 

オチは小説家になりすました、おかしい男の話でしたよ。