ボールと本屋と映画館

ネタバレ 雑な3行あらすじと、浅はかな感想

「アニーホール🗣☆☆☆☆」

TSUTAYAレンタル、初鑑賞。

ウディアレン監督がジョークを交えながら喋り倒し笑いを掻っ攫っていくが、、、


若いクリストファーウォーケン、ジェフゴールドブラム、「シャイニング」の春やすこシェリーデュバルが出て来たり、アニーから夜中の3時にクモが出たから呼び出されたり、話し合って別れたが、ウディアレンは未練タラタラだったり、皮肉と洒落た会話、ラストの余韻と無音のエンドロールは素晴らしかったよ。